株式投資を淡々と続けるブログ

株の配当と優待で老後に備える

ソフトバンクIPOでまたも心配ネタ発生。私の購入結果は

こんばんわ。はやひで@淡々ブログです。

ソフトバンクのIPOですが、やはり枚数が多いせいで、みなさん当選しまくっているようですね。そんな中、上場に向けて心配になることがまたもや発生しております。

SBI証券で当選枚数の増殖?

SBI証券で、ソフトバンクIPOを余力一杯の申し込みをしていた人が、当選数を余力一杯に増やされる、という事態が発生しているようです。
すみません、何を言っているかよく分からないかもしれません・・。
つまり、下記のような状況です。

  • 当選発表直後は、少ない(適度な)枚数で当選
       ↓

  • SBI証券での当選枚数の算出が間違っていたことが判明
       ↓

  • 余力一杯分の枚数での当選に自動的に変更
       ↓

  • 全枚数購入か辞退の選択を迫られて、辞退者が続出

表向きは単なる間違いと言ってますが、実際には購入申込者が少なく、辞退する人が多くなりすぎて、慌てて追加当選にしたとしか思えないですよね・・。
誰が見てもそう思うし、そもそもSBI証券のルール(申し込んだ枚数が多いほど、当選確率が上がる)から、余力一杯の枚数を申し込んだ人が多いと思われ、そのほとんどの人が余力全額でソフトバンク株を買う気などさらさらなく、適度な枚数での購入を狙っていたんだと思います。
(そもそもSBI証券のルールがおかしいのと、申し込んだ人にも責任はありますが・・)

SBI証券では、当選枚数を全部購入するか、辞退するかのどちらかしか選べないので、余計にキャンセル者を増やす結果になっていると思われます。

それどころか、ソフトバンク株の人気のなさをアピールすることにもなってしまったので、他の幹事証券での申し込みにも悪影響を与える結果になっているのではと思います。

SBI証券、やっちゃったなあ・・という感じです。

購入申込み結果

【スポンサーリンク】
 

そんな中、SBI証券の補欠100株だけ購入申し込みしました。

上記の状況から、この100株はほぼ当選することになるでしょうね。

申し込みを迷っていた野村證券の200株ですが、今回の件でキャンセルする決心がつきました・・。

心配なのは、今回の件で、今まで購入辞退でのペナルティのなかった証券会社が、ペナルティをつけ始めないか、ということですね・・。

とはいえこれで、100株だけ持ってお祭りに参加することになりそうです。