株式投資を淡々と続けるブログ

株の配当と優待で老後に備える

SBI主幹事のピアラへの対応(IPOチャレンジポイント)をどうする?

【スポンサーリンク】

こんばんわ。はやひで@淡々ブログです。

ソフトバンク(9434)の上場が決まり、盛り上がってきたIPOですが、12月上場予定の銘柄がたくさん出てきました。
これから申し込みが大変そうです。笑
とはいえ私は、6月のメルカリから、補欠はあるものの何も当たってません・・。

ソフトバンクは恐らく当選すると思いますが、当たっても微妙な感じ・・。
何とかそれ以外で当たって欲しいものです。

SBI証券主幹事のIPOへの対応をどうする?

さて、ちょっと検討の必要な銘柄があります。
SBI証券が主幹事の銘柄、ピアラ(7044)とリンク(4428)です。
IPOチャレンジポイントを使うかどうか、使うなら何ポイントにするか?です。

このうちリンクですが、こちらは公開株数が少ないので、複数枚数の当選可能性がなさそう。となると、大きな利益は厳しいので、ポイントの利用はないかなと思います。

そして、ピアラ。
こちらはポイント利用について十分に検討の余地があると思います。

ピアラにはポイント投入すべき?

ピアラにIPOチャレンジポイントの投入すべきか?
投入すべき理由と、逆に心配な点を以下にまとめます。

まず投入してもいいと思う理由です。

複数配分の可能性が高い

過去の同様規模のものだと2枚配分となっています。さすがに3枚はなさそうですが、1枚ということもなさそう。

仮条件が上振れ

想定価格2,210円に対し、仮条件は2,350円~2,550円となりました。それだけ買い需要があるということは、高値になる可能性があります。

株価がまあまあ

肝心の株価が低ければ、たとえ大きく上がっても、大きな利益は見込めません。2,550円なら高くはないけど、まあまあではないでしょうか。

IPOが少ない時期を空けての公開

11月のIPOは2件だけ。12月にラッシュとなりますが、少し間が空いた後の上場となります。上場までに少し間隔が空いているのは良い材料だと思います。

 

一方、心配な点もあります。

12月はIPOラッシュ、大型案件も控える

12月に入りIPOラッシュな上、超大型IPOのソフトバンクも控えており、環境がいいとは言えません。

地合いが悪い

これが一番心配ですが、とにかく地合いが悪いです。NYはしょっちゅう暴落で、上場日にもどうなることか・・。

とはいえ、来年を待っていれば良くなるかというと、それも微妙な感じ。

なので、今回はポイントを使うことを前向きに考えています。

IPOチャレンジポイントをいくつ使うか?

IPOチャレンジポイントですが、今回使う方向で検討しています。

今年はじめのRPAでポイント数を読み間違えたのが大失敗でしたが、そこまでいいのが今後いつあるかも分からないし・・。
そのためにNISA枠を空けていましたし(笑)、いい加減使わないといつ使うんだということで。
いくら使うか?ですが、SBI主幹事で近い規模のVALUENEXのポイント数から見て、350ポイントは必要そう。とはいえ、それ以上のポイント投入だと、ポイントの無駄遣いかもしれないので悩みどころです・・・。地合いも悪いので、案外高値にならないことも十分想定されます。なので、あまり突っ込みすぎるのも避けたいです。

ブックビルディングは、11/29まで。まだ少し検討時間はあるので、よく検討したいと思います。