株式投資を淡々と続けるブログ

株の配当と優待で老後に備える

今週のIPOの結果。そもそもIPOは割のいい投資なのか?

【スポンサーリンク】

ようやく一週間が終わりました。
休み前のこの時間がサラリーマンにとっては至福のときです。笑

今週のIPOの抽選結果(イボキン、システムサポート)

遅ればせながら、今週のIPOの抽選結果です。

過去記事のコメントを引用しつつ、結果を報告しますね。

www.tantanto.com

7/17-7/23 イボキン(5699)  JQS  東海東京

→めったにない東海東京証券の主幹事の案件です。
 主幹事だと少しは当たるはずですが・・。

落選です。
ネットの情報だと、意外と当たりやすかったようです。
やはり東京東海証券とは相性が悪いです・・・。

7/18-7/24 システムサポート(4396)マザ 大和

→どちらかというと、こっちに当たって欲しいです。
 大和主幹事なので、こちらも少しは期待しています。

落選です。
やはり滅多なことでは当たりませんね。

これでメルカリ以降、大型株の補欠2つ(MTG、国際紙パルプ。日興の補欠は除く)のみで全滅を継続しています・・・。


さて、今後のIPOですが、この後は少し間を置く感じです。

人気の大型株の上場に期待したいです。

IPOは割のいい投資なのか?

さて、このようなIPO投資ですが、割に合うのでしょうか?

IPOは主幹事証券会社で申し込まないと、ほぼ当たりません。
よって、主な証券会社に50万ずつ入れておくとします。
IPOの当選が期待できる主な証券会社としては、こんなところかと思います。

  • 大手証券:日興、野村、みずほ、大和、三菱UFJ
  • ネット証券:SBI、マネックス

上記の証券会社が7つ。

各証券会社に50万程度入れておき、主幹事中心に申し込むとして、約400万が必要です。
(資金がない場合は、都度IPOの主幹事の会社に資金移動するという方法はありますが、出金に時間がかかったり、管理は大変です・・)

IPO以外で投資した場合

この400万について、一般的な投資をするとどうでしょう。

例えば、楽天銀行やイオン銀行に入れると、0.1%の利子がつくので、年間4,000円。
例えば、JT株やJリートに投資すると、5%の配当がつくので、年間20万円。
ただし、株の場合は株価の上下があるので、もっと儲かるかもしれません。逆に下がるリスクもあります。

【スポンサーリンク】
 

私のIPO投資状況

IPOならどうなるでしょうか。

私はネットでしか申し込んでないのですが、今年当選したIPOは以下の通りです。

銘柄 証券会社 株数 公開価格 初値 利益
Mマート 大和 100株 1,240円 5,380円 +414,000円
神戸天然物化 日興 100株 2,340円 3,665円 +132,500円
QBネットHD 大和 100株 2,250円 2,115円 -13,500円
メルカリ 大和・三菱 200株 3,000円 5,000円 +400,000円
        合計 +933,000円


全て初値で売ったとして、約90万の利益です。(私は初値で売ってないものもありますが・・)

税金が20%取られるとして約70万の利益。
※注意:今年のは、かなり運のいいほうかもしれません!

個人的なまとめ

上記の当選銘柄では、QBネットがマイナスですが、このような危なそうな銘柄は申し込み前に分かるので、堅実重視の方は避けることは可能です。よって損をする可能性はほぼ0。

そう考えると、IPOはリスクも少なくおいしい投資だと思うのですがどうでしょうか。
ただ、毎回申し込みを行ったり、手間はかかりますけど・・。

良い銘柄だと大きく上がることもありますし、そもそも宝くじ感覚で当選を確認する楽しみもあり、私は地道に申込みをしています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村