株式投資を淡々と続けるブログ

株の配当と株主優待で老後に備えます。IPO、投資信託なども。

すかいらーくHDの上期決算発表。株主優待コストの影響は?

こんばんわ。はやひで@淡々ブログです。

株主優待で人気のすかいらーくHD(3197)。
ガストやジョナサンで利用していますが、行ってみたいのが「むさしの森珈琲」。
Twitterなどを見ているとパンケーキがおいしそうなのと、コメダ珈琲のようなモーニングサービスがあるようです。ドリンクを頼むとトーストとゆで玉子などがサービスされるというもの。コメダよりも種類が多いですね。

むさしの森珈琲 | ニラックス株式会社

しかし・・
店舗一覧を見ると私が気軽に行けそうな場所にはないことが判明・・。
今後の店舗拡大に期待です。

さて、そんなすかいらーくHDの第2四半期決算の発表がありました。

すかいらーくHDの第2四半期決算は?

昨年同時期に比べて売上が4.5%増、営業利益が7.4%増とまずまずです。
しかしながら下期の経営環境が、消費税増税、全店禁煙化による客数減などにより厳しい見通しとなっており、減益予想は変わっていません。

全席禁煙といえば串カツ田中の売上が5ヶ月連続前年割れというニュースがあったばかり。

串カツ田中が5カ月連続前年割れの変調、全面禁煙が招いた2つの難題(ダイヤモンド・オンライン) - Yahoo!ニュース

完全な飲み屋との違いはあるものの意外と影響もあるのかも?
消費税増税もあって確かに厳しそうです。

それにしても今回の決算説明会資料では、株主優待によるコスト増が経営課題の中の主な減益要因の2大要素になっています・・。苦笑

やはり優待を良くしすぎたことが、かなり影響しているのは否めないようで・・。

ただ、こちらにあるように、これ以上は悪くならないらしいですが・・。

とはいえ、年間の利益が110億での優待コスト30億はなかなかの比率なので、今後利益減となった場合の優待改悪も十分考えられると思います。
逆に利益がもっと上がれば、優待コストも楽にまかなえるのかもしれませんが。

それにしても、以前にも増して株主優待コストの記載が増えてきている気がしますね。それだけ重荷になっているんでしょう・・。

すかいらーくHDの株主優待情報

【スポンサーリンク】
 

すかいらーくHDの優待は、下記となります。

対象となる株主

・6月末日および12月末日時点で100株以上保有の株主

株主優待の内容

 100株 年間6,000円  6月末:3,000円 12月末:3,000円
 300株 年間20,000円 6月末:9,000円 12月末:11,000円
 500株 年間33,000円 6月末:15,000円 12月末:18,000円
1,000株 年間69,000円 6月末:33,000円 12月末:36,000円

詳細は下記URLをご確認ください。

株主優待情報 | 株式について | 株主・投資家の皆様 | すかいらーくグループ

株価と配当について

すかいらーくHDの株価と配当は、以下の通りです。

・株価(2019/8/14)1,916円
・配当(2019/8実績)38円、(2019/12予定)19円

配当利回りは0.99%。PBR約3倍と、割高な水準です。
配当性向は昨年度実績で65.5%ですが、今年度予想では34.0%と配当を半減させたためにまずまずの低さになっています。

今後の対応

1年チャートです。

チャートは右肩上がりでいい感じです。
こんな上がってくるならもっと買っておいて優待をもっともらっておけば、・・とも思わなくもないですが・・。苦笑
優待券でいくつかの店に行きましたけど、どこも人気があって個人的にも居心地が良くて気に入った店ばかりです。

ですが優待目当てで株を買っての失敗は数しれず・・。苦笑
業績悪化から優待の改悪に繋がれば、株価は暴落するのは間違いなく、持っていてあまり心配はしたくないので、買い増しはせずに100株保有のままにしておきます。