株式投資を淡々と続けるブログ

株の配当と優待で老後に備える

北海道旅行でANAの優待券利用とツアーを比較

【スポンサーリンク】

こんばんわ。はやひで@淡々ブログです。

近々、北海道に行く予定です。
私はANAの株主なので、株主優待券の利用を考えたのですが・・。

東京から札幌までの旅行代は・・

9月の土曜発の1泊2日、一人旅だと、こんな感じです。

ANA株主優待券を使う場合

羽田-千歳の運賃・・・株主優待割引で、片道19,040円。往復で38,080円。
ホテル・・・楽天トラベルで調べたところ、軒並み15,000円以上・・。
合計で53,000円というところ。

一方、ツアーを使った場合は・・。

ツアーを使う場合

スカイツアーズのJR札幌・小樽パス1日券付の関東発 1泊2日ツアーだと、土曜出発で、37,500円からあるようです。
飛行機の時間や、ホテルの変更をして、上乗せ料金を払っても、4万ほどで行けますね。
しかも、JRの1日乗車券乗り放題付!


優待券を使うと、後で飛行機の変更が出来たりするんでしょうけど、この価格差だとツアーを使ってしまいますね。
しかも株主優待券は、チケットショップでも結構いい値段で売れるので、その分も差があるということですしね・・。

なので、今回もツアーで行くことにしました。
JR乗り放題券があるので、せっかくだから小樽まで行ってみる予定です。
私の愛読している、おーらさんのブログに、小樽のレンタルサイクルの情報など載っていたので、参考にさせていただきます!(勝手にリンク、すみません)

ANA優待券の価格が高騰している!?

やはり自分では優待券を使いそうにないので、新橋のチケット屋に売りに行きました。
すると、1枚あたり4,900円という高値が!

ちなみに過去の買い取り価格はこんな感じでした(私の売値)。
2016年:3,000円~4,000円
2017年:2,800円~3,000円

値上がりしているという噂は聞いていましたが、どうしたんでしょうかね?
今度もう少し調べてみます。

【スポンサーリンク】
 

ANAの株主優待制度が変更に

ところで、ANAの優待券の使い勝手が悪くなりそうです・・。
ANAのサイトからの引用です。

株主優待制度の一部変更について
2018年10月28日ご搭乗分から、国内線の運賃制度を変更する事に伴い、株主優待運賃である「ANA国内線株主優待割引運賃、同 小児株主優待割引運賃、同 プレミアム株主優待割引運賃、同 プレミアム小児株主優待割引運賃」について、取扱いの一部を変更させていただくことと致しました。詳細は、こちらをご覧ください。

簡単な説明もありました。

ANAの運賃が、2018年10月28日より「ANA FLEX運賃」というのに変わり、優待券が使える席が少なくなるようです。
年末年始やGWなどの便では、優待券を使える座席数が少なくなるとのこと。
優待券にとっては改悪のようなので、今後の買取価格も下がってくるかもしれませんね。

札幌のホテルが高すぎる!?

それにしてもホテルが高すぎですね。
先日も訪日客が2000万人を超えたとのニュースもありましたが、そのせいでしょうか?
ホテルREITは有望かもしれませんね。
J-LEITは一時期、下降していましたが、最近かなり復調してきています。
ホテル系のREITを買ってみるのもいいかもしれませんね。