株式投資を淡々と続けるブログ

株の配当と優待で老後に備える

コシダカホールディングスの株主優待

【スポンサーリンク】

こんばんわ。はやひで@淡々ブログです。

最近、優待品や株式関連の封書がたくさん届いており、株好きな私は気分が盛り上がります。一方、ブログ記事が全然追いついてません・・。ソフトバンクのこともありますし。笑

コシダカの優待はカタログギフトと優待券

さてそんな中、コシダカホールディングス(以下、コシダカHD)(2157)の株主優待のカタログギフトと株主優待券が届きました。

みなさん、コシダカって何の会社かご存知でしょうか?
カラオケ(まねきねこ)とフィットネス(カーブス)の会社で、社長の名前が腰高さんです。
もともとラーメン屋だったようですが、カラオケボックスを始め、10年前からカーブスを子会社化して成長を続けています。温浴事業(まねきの湯)もあって、総合余暇サービス提供企業ということです。これからの高齢化社会にマッチしていますね。

コシダカHDの株主優待情報

コシダカHDの優待は、下記となります。

・8月末日時点の株主に、株主優待券、およびカタログギフト

・株主優待券

 ・100株以上
   保有3年未満 2,000円相当
   保有3年以上 4,000円相当
 ・400株以上  
   保有3年未満 5,000円相当
   保有3年以上 10,000円相当

・カタログギフト

 ・400株以上  3,000円相当
 ・4,000株以上 5,000円相当

 

【スポンサーリンク】
 

コシダカHDの株主優待はとてもいいです。通常は、カタログギフト、または優待券のどちらか一個が普通ですが、コシダカは両方もらえます。
素晴らしいですね。
ただこういういい優待は、いつ改悪されるかという心配はありますが・・。

今年の5月末に株式を4分割したために、カタログギフトは400株以上となっています。カタログは高島屋のもので、分厚くて選択肢が多いです。

といっても私は、まねきねこもカーブスも行ったことはないのですが・・。優待券は金券ショップで売ってますが、1枚400円での買い取りであまり割は良くないようです。 それでも、5枚で2,000円になるので、ちょっとしたお小遣いにはなってます。

株価と配当について

コシダカHDの株価と配当は、以下の通りです。

・株価(2018/12/7)1,500円

・配当(2018/8実績)10円
   (2019/8予想)12円

配当利回りは、0.8%、PBR4.75倍と、割安さはありません。
配当は上場来11期連続増配中。配当性向は、2018年実績で20%弱とそれほど高くありません。ただこれは、配当の伸び以上に利益が上がっているため。一方、有利子負債が大幅に増加しているようで、売上利益は年々伸びているとはいえ、この点は気になります。

今後の方針

財務的な心配はありますが、今後の成長性に期待したい会社です。優待もいいし、含み益もあるので、そのまま保有を続けます。
とはいえ、これで成長が止まったりすると、一気に株価が下がったりすることになるので、その点では注意しておかないとと思っています。