株式投資を淡々と続けるブログ

株の配当と優待で老後に備える

SBIポイントを効率よく現金に交換するには?

こんばんわ。はやひで@淡々ブログです。

正月明けの一週間、長期休み明けの出社はなかなか疲れますね。ここでの三連休はうれしいです。
さて、ブログの方もぼちぼちとやっていきます。

SBIポイントは毎年1/31までに確認が必要!

私はSBI証券を使っていますが、最近こんなメールが度々来ています。

【重要なお知らせ】SBI証券で貯まったSBIポイントの有効期限について

「2019/1/31」で失効してしまうポイントがあるかもしれないから確認するようにとのこと。こんなメールをくれるとは、さすが大和証券とはサービスが違いますね。笑

www.tantanto.com

SBIポイントの確認方法

SBIポイントですが、下記リンクから確認出来ます。

https://m.sbisec.co.jp/ptmnw011

ただ、この直リンクがないと、ポイント確認が結構面倒です。

こんな手順です。

SBI証券にログイン
 ↓
①口座管理
 ↓
②お客様情報設定・変更
 ↓
③各種サービス
 ↓
④ポイントプログラム

うーん、なんで「お客様情報設定・変更」の所にあるんだろう??

ともかくポイントを確認したところ、今年の1/31で失効するポイントは"0"。
そして、ポイントはまあまあ貯まっていました。
ほとんどは、「投信マイレージサービス(月間平均保有額)」で付いたものです。

投信マイレージサービスとは

【スポンサーリンク】
 

投資信託の月間平均保有額に応じてSBIポイントが貯まるポイントプログラムです。
対象投資信託の月間平均保有金額が1,000万円未満は年率0.1%、1,000万円以上は年率0.2%のポイント付与率となります。
といっても、信託報酬の低いお得なインデックスファンドは、全て指定銘柄とのことで、保有金額に係わらず、0.05%以下となります。
恐らく投資ブログを読んでいるような方が投資している投信は、この指定銘柄に含まれるでしょう。

私の保有する、eMAXIS Slimシリーズもほぼこれにあたります。eMAXIS Slim 先進国株式インデックスは、0.03%ですね。まあ信託報酬が0.1%ほどなので、これも仕方ないところでしょう。
とはいえ、投信を保有しているだけでポイントが貰えるのはとてもありがたく、私の投信積立はSBI証券を使っています。(最近は楽天証券もいいですけど・・)

SBIポイントを現金に交換

さて、溜まったポイントですが、今月末での失効はないことから、もうちょっと貯めてから交換したいと思います。
交換するのは、もちろん現金!

SBI証券のポイントは、まず「SBIポイントを振り替える」必要があります。
その後、SBIポイントのサイトに行って、現金に交換します。(この辺も面倒な感じですが・・)

SBIソーシャルレンディングとのID連携で優遇レートに

交換レートは、通常下記となります。
住信SBIネット銀行一択ですね。まあほとんどの人がそうでしょうけど・・。

ご指定の全国の金融機関(ゆうちょ銀行を除く)の場合
・1P=0.8円(1,000ポイントから100ポイント単位で交換可能)

住信SBIネット銀行の場合
・1P=0.85円(500ポイントから50ポイント単位で交換可能)

これが、SBIソーシャルレンディングとのID連携設定で、下記の優遇レートとなります。

・5,000P=5,000円(5,000ポイントから5,000ポイント単位で交換可能 )
・10,000P=12,000円(10,000ポイントから10,000ポイント単位で交換可能)

最低5,000ポイントと、交換可能となるまでのハードルは高いですが、いい率です。

私はSBIソーシャルレンディングの口座開設をしていて、すぐに連携させていました。ちなみに今まで投資したことはないです。笑

このレートが使えるのは3/24まで?

ところで、SBIポイントのサイトには、「・・(2019/3/24まで)」という但し書きが付いています。それ以降はこの優遇レートはなくなるのかな・・?
それまでにはポイント交換することにします。忘れないようにしないとです。

皆様も、SBIポイントの交換をお忘れなく!