株式投資を淡々と続けるブログ

株の配当と優待で老後に備える

さわかみファンドから投資を始めた話

【スポンサーリンク】

こんばんわ。はやひで@淡々ブログです。

今、巷ではひふみ投信のパフォーマンスが落ちていることが話題のようです。
投信自体が中小規模の時は、小型株で高いパフォーマンスが出せていたのが、メジャー化するにしたがって、大型株への投資をせざるを得ず、インデックスファンドに近くなってしまったことが原因のようです。
私はひふみを持ってないと思ってましたが、楽天で100円積立してました。笑
そして密かにマイナスになってました。笑

私の投資歴はさわかみファンドから

さて、もっと昔から人気が高かった独立系の投信が、さわかみファンドです。
さわかみファンドは、今のように低コストの投資信託がない時代に、売買手数料無料、信託報酬1%という分かりやすい料金体系で、証券会社での委託販売を行わない独立系の投信として登場しました。
これは当時では画期的なことです。
雑誌などでもてはやされており、私もそれに流され(笑)口座を開設し、積立を始めました。

さわかみファンドは、日本の製造業の可能性に賭け、モノを生み出さない金融株を組み込まないというポリシーがあり、私もそこに共感したわけです。その影響もあり、いまだに私は金融系の株はほとんど持っていません。

投資を行ってどうなったか?

さわかみファンドの2000年からの基準価格の推移です。
Yahooファイナンスの投資信託で表示できるモーニングスターのチャートです。

私が積立を始めたのが、このチャートの一番左の2000年。
2004年あたりから、基準価格1万円を上回り、2007年には2万円にまで上がっています。ところがその後、リーマンショックなどによる長い低迷に入り、2012年には再び基準価格1万円を割ってしまいました。
ここまで実に12年間投資し続けて、投資元本割れしているという状況となってしまったわけです。結構悲惨です・・。

その後、2012年の暮れに民主党政権から自民党政権に変わり、2013年あたりでようやく、投資元本を超えることが出来ました。
これには本当にホッとしましたね。
そこで、結構な金額をやれやれ売りしてしまいました。
2007年からの急落の記憶から、もう二度とマイナスにはなりたくなかったんです。笑
しかしもし、ここでやれやれ売りをしなければ、ものすごい儲かってました。
ここまで上げ続けるとは、このときは思いもよりませんでした・・。

TOPIXに比べて優位性は?

【スポンサーリンク】
 

次にTOPIXとの比較です。
Yahooファイナンスのチャートでは10年分しか比較チャートが出ないので、10年分の比較です。

TOPIXが+100%くらいに対し、さわかみファンドが+150%くらいでしょうか。
さわかみファンドは配当を出さないので、この差に配当分があるはずです。10年で50%の差だと、複利効果を入れて、1年で約4%ほどの違いでしょうか。日本株の平均配当利回りが2%程だとすると、TOPIXに配当分を加えても、それを上回る実績を上げているということかもしれません。←計算は適当なので保証しません。
(本当は、配当込みTOPIXと比較できればいいんですが、やり方が分からない・・)

さわかみファンドを売った訳

現在、さわかみファンドはほぼ全て売ってしまいました。
その理由としては、以下の通りです。

日本の個別株をかなり買っている

自分で日本の個別株をかなり買っており、わざわざ日本株のファンドを買う必要性が低くなった。むしろこのファンドまで買うと、日本株の比重が高くなり過ぎて危険。

インデックスファンドとあまり変わらない

上記のように、TOPIX指数とほぼ連動していて、パフォーマンスもそれほど変わらないようです。ちなみに日本株のインデックスファンドの信託報酬は、安いもので0.17%とかです。さわかみファンドは1%。ただ基準価格には信託報酬を含んでおり、それでもTOPIXを上回っていそうなので、買う意味がないわけではないかも。

今の体制が心配

今のファンドマネージャは草刈さんという方です。見た目はさわやかでいい人そうですが、元舞台俳優でその実力が不明です。さらに、創業者の澤上篤人氏の息子さんが今の社長ですが、非常に怪しく見えます。笑
実は結構これ、みんな心配してるんではないでしょうか。

さわかみファンドへの思い

とはいえ、私が日本株に投資をしようと思ったのも、このファンドがあったから。
さらに、長期投資を信じて買い続けたおかげで、結局の所、基準価格は上がり、損もしていません。ただ始めるタイミングによっては、10年以上プラスにならない可能性もあるわけですが・・。なおこれは、さわかみだけに限りませんが。

20年間、同じポリシーで継続しているのも素晴らしいです。
今は投資していませんが、私としてはこのファンドにはいい印象を持っています。
私が投資を始めるきっかけの一つとなった、さわかみファンドには感謝の思いです。