株式投資を淡々と続けるブログ

株の配当と優待で老後に備える

メルカリ株が暴落! 持ち株はどうする?

【スポンサーリンク】

こんばんわ。はやひで@淡々ブログです。

昨日(8/9)、メルカリの決算発表がありました。

その結果、本日の株価は、510円安の、4,225円でした。
10%を超える暴落となった訳ですが、この株をどうするのかは考えるところです。

メルカリの決算が赤字で株価暴落

営業利益で44億円の赤字、純利益で70億円の赤字です。
いずれも昨年に比べ、大きく赤字を増やしています。

一方、売上については、62%増の358億と大きく伸ばしています。

この内、334億は国内のメルカリ事業のもの。
国内での営業利益は74億円の黒字。

この売上と営業利益の差分が、先行投資フェースである、海外事業と、メルカリエコシステムですかね。
海外事業は、ほぼアメリカのようです。
メルカリエコシステムというのは、メルペイという決済サービスのようです。

いずれも、私から見ると、真っ当な戦略のように見えます。
ただ、本当に効果のあるところに投資されているのかは分かりません。

来年の決算予想が出ていないところも不透明感を高めています。
決算前には黒字に転換するという期待もありました。

ということで、本日の株価は、大きく下げてしまいました。

メルカリの株はどうする?

私は新規公開で200株当たり、100株初値で売って、100株はそのまま持っています。

www.tantanto.com
この100株ですが、結論から言うと、持っていようと思います。

その理由としてはこんなところです。

【スポンサーリンク】
 

既存ビジネスで儲けが出ている

日本でのメルカリ事業は、依然、売上が伸びており、利益も拡大している。
成長が止まっているわけではない。

成長分野は有望と思える

米国の市場は、人口でいうと日本の3倍。ヨーロッパへの展開も可能。
決算分野は、いろいろな方式が乱立し始めており、このタイミングでの参入であればまだ分からない。
成長分野に投資をすることでの赤字は想定内。

まだ含み益はある

公開価格3,000円に対し、まだ上回っている。
ということで、まだ心の余裕があります。苦笑
ただ、これを下回ってくると、さらに投げ売りも・・?

今後の方針は?

既存のビジネスだけやれば、確実に儲けは確保できるのでしょう。
しかしながら、海外展開や決済サービスなど、大きな成長の見込める分野への投資を頑張っている点に賭けてみたいです。

ただ、下げが下げを呼ぶ可能性もあることは、心配ではありますが・・。
この株を持っておくことがストレスになるとすると、一旦手放してもいいかもしれませんね。

私は特に問題ないです。と思いたい・・。笑