株式投資を淡々と続けるブログ

株の配当と優待で老後に備える

ハウス食品の株主優待と、のれん代について

【スポンサーリンク】

来てから時間がたってしまいましたが、ハウス食品グループ本社(2810)の株主優待をご紹介します。
先日、壱番屋の紹介をしましたが、ハウス食品はその親会社です。

ハウス食品グループ本社の優待情報

・年2回(3月末日、9月末日)
 当社株式を半年以上継続して単元株(100株)以上保有された株主さまを対象
  100株~200株未満  1,000円相当の詰合せ
  200株~1,000株未満  2,000円相当の詰合せ
  1,000株以上     3,000円相当の詰合せ

・株価(2018/6/26)3,875円

・配当(2017年実績)38円、(2018年予定)40円

ここの優待は、半年以上継続保有の縛りがあるためか、紹介しているブログも少なめのようです。
これは200株の優待です。

f:id:khyhd:20180626221955j:plain

バーモントカレー、ウコンの力、フルーチェは毎回入っているような気がします。バーモントカレーは子供向けのように思いますけど、なかなか美味しいですよ。辛さが足りない場合は、S&Bの粉カレーで調整します。ハイブリッド。

【スポンサーリンク】
 

ハウス食品はのれん代が結構負担に

主力の香辛・調味加工食品事業が好調。海外食品事業も中国・アセアンで好調です。
一方、子会社の壱番屋がメインである外食産業での利益率が悪いです。
これは、「のれん代」によるもの。

なぜハウス食品ののれん代が大きいのか?

ハウス食品は2015年12月に壱番屋をTOB(株式公開買い付け)により、株式の51%を取得して子会社化しました。このときのTOB価格は6,000円。今は2分割して5,000円程ですから、ざっと10,000円くらいになりました。これはかなりのウハウハ状態です。
さらに2016年には、香辛料大手のギャバンも子会社化しています。
ギャバンって?と思うかもしれませんが、この会社です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ギャバン ペッパー コショウ 70g
価格:451円(税込、送料別) (2018/6/26時点)

 それはいいとして、この買収の結果、壱番屋ののれん代が結構あるようです。

のれん代とは、企業のブランド力をお金に換算したようなもので、壱番屋の純粋な企業価値に上乗せされており、その上乗せ分は実体のある資産でないので、一定期間で減価償却(定期償却)して帳消しにする感じですかね(のれん代を20年とか一定期間の年数で割ったものを、毎年の費用に計上するので、その分利益が減る)。
先程の6,000円というのが壱番屋のブランド込みの価格だったということです。

こののれん代+諸々で年間50億くらいあるようで、壱番屋の利益を全部吹き飛ばしてしまっています。

国際会計基準(IFRS)ではのれん代がないが・・

なお、日本会計基準は定期償却ですが、国際会計基準(IFRS)ではのれん償却はないので、利益が増えるように見えます。その代り、ブランドの価値がなくなると一気に損失が出る可能性があります。ちなみに、すかいらーく(3197)は国際会計基準を採用しており、かつのれん代が巨額なので、心配されているわけですね。

株価について

株価はここ5年ほど上昇基調です。配当利回りは、1%程度、PBRは1.5倍くらいです。この株価だと取り立てて買いたいというほどではないですね。

優待の記事を書こうとしたら、のれん代の記事になってしまいました・・。
のれん代はなかなか理解しづらいので、分かりやすく書こうとしましたが、間違ってたらごめんなさい・・。