株式投資を淡々と続けるブログ

株の配当と優待で老後に備える

みずほ証券のシステム障害の影響とMTGの抽選結果は?

【スポンサーリンク】

今週火曜日から木曜日にかけて、みずほ証券で大規模なシステムトラブルが発生しました。

みずほ証券のシステム障害

システム障害の原因は?

6月26日朝から、インターネット取引を行う「みずほ証券ネット倶楽部」が使えない状態となりました。このトラブルは思ったより長引き、28日正午までシステム復旧しませんでした。
報道によると、原因は、システム更新時での設定ミスとのこと。
以下、みずほ証券のお知らせからの抜粋です。

【重要】ネット倶楽部サービスの再開について(2018年6月28日 12:00再開) 2018/06/28

「みずほ証券ネット倶楽部」につきましては、サービス再開に向けた作業が完了し、本日6月28日12:00に再開いたしましたのでご連絡申し上げます。
本件発生の原因は、当社のリテール業務取引を処理するシステムと運用を指示するシステム間のネットワーク処理の不具合により取引処理に時間を要したものです。
お客さまには、多大なご不便、ご迷惑をおかけいたしましたことを深くお詫び申し上げます。
なお、サービス再開までに累積したデータ処理が一部完了していないこと等から、6月25日の大引け以降にご注文を出されたお客さまの注文内容や残高、入出金等の情報が最新のものとなっていない可能性がございますので、お取引の際にはご留意を賜りますようお願い申し上げます。

「ネットワーク処理の不具合により取引処理に時間を要した」ということですが、当然テストはやっているはずなので、テスト環境での設定ミスとか移行手順漏れとかなのでしょうか。

私も仕事がら他人事とは思えず、このようなニュースを聞くと気が重くなってしまうという・・。恐らくこの作業を担当したSEやその上司はワールドカップどころではなく、この土日も根本原因究明や是正対応、役員報告、顧客報告対応なんかを延々とやらされるのではないかと思います・・・。

IPOへの影響(特に国際紙パルプ商事)

IPOへの影響について考えてみます。

私への影響は?

私が申し込んだ、ロジザード とキャンディル の当選結果が見れませんでしたが、これは当然のごとく落選でした。野村が主幹事ということもあり、全く当たる気はしなかったので、私にとってはシステムトラブルの影響は軽微です。笑

 国際紙パルプ商事上場への影響は?

一番まずかったのは、みずほ証券が主幹事だった国際紙パルプ商事でしょう。

上場日にネット取引が出来なかったため、売りたくても売れない人が多かったと思われます。コールセンターでの注文は受け付けていたようですが、電話でまともに注文できたんでしょうかね?私がもし当選していたとしても、通勤中や仕事中に電話での注文はできなかったですね。

それで売り注文が少なかったせいなのか、344円の募集価格に対し、+30.8%の450円という高い初値がつくという結果に。
その後、公募価格付近まで下がり、29日は379円で引けています。

みずほ証券は売買が成立しなかった取引には保証するとのことですが、初値で売りたかったけど注文できなかった人への保証はないでしょうね。
システムが正常ならこの初値にはならなかった可能性が高いので、電話で注文出来た人にとっては高く売れて良かったのかもしれませんが・・。

ともかくシステム復旧後にもまあまあの値段がついたのでよかったですが、皆さん初値付近で売りたかったでしょうね。

 

MTGの抽選結果

さて、私のMTGの抽選結果はどうだったでしょうか?
大型案件なので当選の期待が高かったですが・・・。

MTGの当選もやはり厳しかった

結果は、主幹事の野村で100株補欠だけ。補欠といってもこれはほぼだめそう。
残りは全滅でした(SBI、三菱、マネックス)。

システムトラブルから復旧したみずほも、今朝ちゃんとログインできましたが安定のハズレ。

残るは楽天と大和に

後はちょっとだけ期待の楽天と、野村の次に配分の多い大和がありますが、かなり厳しいと思われます。

楽天で申し込んだ方は、7/2からの購入期間に購入申込をしてからの抽選になりますから、忘れないようにしましょう!

→楽天証券での購入申込期間:2018年7月2日(月)0:00~7月4日(水)14:00