株式投資を淡々と続けるブログ

株の配当と優待で老後に備える

ラクスルのIPO申込みをどうするか?

【スポンサーリンク】

ラクスルのブックビル申し込みが5/16より始まります。

ラスクルへのIPO申し込みを検討してみる

上場は、5/31予定です。
例年5月にはIPOはほとんどありませんが、今年唯一の5月案件です。約一ヶ月ぶりのIPOで、かつ日経株価も堅調な状況ですので、狙ってみたい案件です。

主幹事は、大和証券、三菱UFJモルガン・スタンレー証券、みずほ証券です。
大和はたまーに当ててくれますし、三菱UFJも割と当たる方です。ただ三菱UFJの場合は、当たってからキャンセルするとペナルティがつきます(1ヶ月間IPOに参加できない)。そのリスクも含めて申し込みを検討する必要があります。

数少ない過去の5月上場案件は?

過去の5月案件はどうだったかというと、2014年の東武住販は公開価格を12%アップ、逆に2012年の北の達人コーポは15%ダウンという結果でした。
ジャスダックとアンビシャス、投資環境の変化などの条件は違いますが、上場する数が少なくて資金が集まりやすそうだからといって、確実に公募割れしないこともないようです。
さらにラクスルの場合、公開株数の多さ、VC(ベンチャーキャピタル)の多さもあり、多くのIPOブログでも公募割れを警戒しているものが多いです。

ラクスルの業績は?

業種としては、印刷(ラクスル)と運送(ハコベル)の2本柱ですが、運送の方はまだ立ち上がったばかりで売上に占める割合はほとんどありません。ただ、運送分野は、アマゾンなどのネット販売が拡大する中、需要が増している分野であり、今後は面白いと思います。

売上は見事な右肩上がりです。・・が、経常損失が赤字を脱していません。もう少しで黒字というところなので、何とか今年度は黒字達成したいところです。

印刷業界はなかなか厳しく、このまま順調に利益を伸ばせるのかは微妙ですが、やろうとしていることは面白く伸びしろもあると思うので、今後の期待を込めたいと思います。

申し込みの方針はどうする・・?

まとめると、

  • 久々のIPOで資金は集まりやすそう
  • 公募割れの可能性もあり
  • 黒字化出来れば挽回できるかも

・・ということで、仮に公募割れしても黒字化、成長に期待して持っておくことにして、あまり無理はせず主幹事の片方くらいで申し込もうと思います。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村